フレンチブルドッグのカラーについて

フレンチブルドッグのカラー

ブリンドル
最も一般的な毛色。胸部が白い場合(通称エプロン)と、黒地に褐色の差し毛が入るものがあります。後者をタイガーブリンドルとも言います。 ほとんど黒の単色のものをブラックブリンドルともいいます.




パイド
白をベースにブリンドルやフォーンが部分的に入ったタイプ。白地に黒の斑点が入る。頭部、体、尾の付け根などに斑が入ります。模様の入り方がいろいろなので1頭ごとに個性があります。
白にフォーンが入るタイプは通称「フォーンパイド」と呼ばれます。これはあくまでも通称です。




クリーム
淡い色の単色。クリームベースの中でも白に近いものから茶色が濃いものまである毛色。アイラインは黒っぽくしっかりと出ていなければなりません。やさしい印象のカラーです。



フォーン
やや褐色で、顔が黒くなる毛色です。毛先に向かうにしたがって金色っぽい毛色になります。ライトブラウンからレッドまで、毛色の濃淡はいろいろです。